※DARQ…分散型台帳技術(Distributed Ledgers)・人工知能(Artificial Intelligence)・拡張現実(Extended Reality)・量子コンピューティング(Quantum Computing), では最後に、DX化を実践するための参考として、3社の取り組みをご紹介します。今回は、「レガシー産業におけるDX化」に焦点を当ててご紹介いたします。, 1983年に看板屋として創業した株式会社クレスト(現:クレストホールディングス)では、レガシーな看板事業を「花形」の成長事業に変革するために、あらゆる領域でDX化を行いました。, 具体的には、「事業や組織のデジタルトランスフォーメーション」による生産性向上を行った上で、「レガシーアセット ✕ IT」によるイノベーションを起こしたといいます。, まず社内の生産性向上のために、営業面では商談管理や請求データの連携、営業同士の情報共有のためにSalesforceを導入するなどし、体制を構築。, さらに、マーケティングや会計、HRなど様々な領域にITツールを導入し、徹底的に効率化を図ったそうです。, こうした一連の施策によって土台を作ったあとは、目標管理の仕組みや評価制度を整え、「経営理念」と「ミッション・ビジョン・バリュー」も改めて策定し、組織改革に臨んだといいます。, その結果、看板事業としては国内トップシェアへの企業へと成長させると共に、事業譲渡やM&Aにより、他3つの事業会社でも同様の変革を成功させたそうです。, ▶︎記事はこちら:レガシー産業からの脱却。老舗の看板屋がおよそ「5年で売上3倍」を実現した改革の全貌, 大正七年に創業した、神奈川県 鶴巻温泉の老舗旅館である「元湯 陣屋」(以下、陣屋)。, 同旅館は昔ながらの分業体制で、勘と経験頼みの経営を行っていたところ、2008年には廃業寸前にまで追い込まれてしまったといいます。, そこで、2009年からクラウドCRMツールのSalesforceを導入。様々な分野のIT化を進めながら経営改革を実行し、見事にV字回復し売り上げ2倍を実現させました。, IT化は予約だけではなく、ワークフロー全てに適用し、予約から接客、清掃や調理場といった各業務すべてをSalesforce上で連携させたといいます。, さらに、データ化によって利益率を上昇させ、先行きの見通しも立てられるようになったことから、従業員の休日を増やし、結果として離職率低下にも繋がりました。, ▶︎記事はこちら:ITの力で老舗旅館が再生!売上2倍を実現した、Salesforceの活用と働き方改革とは, 創業50年を越える「街の不動産屋さん」(※)である株式会社登喜和(ときわ)。2013年からSalesforceを導入し、全社員が顧客管理を行うことで、成約率とリピート率を向上させたといいます。, Salesforceで顧客情報を管理するだけではなく、ヒアリングを通じてお客様の頭の中にある「暗黙知」を見える化し、データを活用しているといいます。, データの活用が可能になったことから、顧客の真意を突くことができたり、家主側の「商品づくり」に活かすことができるようになったそうです。, さらに、顧客管理の徹底によって「住み替え」「住む続け」「家族、友人などへの紹介」といった形で、契約後も長期的な関係が築けているといいます。, ▶︎記事はこちら:生涯リピート率100%を目指す!「街の不動産屋さん」のSalesforce活用術, 以上、DX化の必要性や実行する上でのポイントなどをお伝えいたしましたが、いかがでしたでしょうか。, DX化はテクノロジーの導入だけではなく、経営方針やビジネスモデル、組織形態そのものを見つめ直す必要があります。そのためにも、場しのぎ的なDXではなく、「鳥の目」をもって自社に合ったDXを推進していくことが重要です。, 【徹底解説】「DX = IT化」と思っていませんか? 基本・成功のポイント・事例を紹介, レガシー産業からの脱却。老舗の看板屋がおよそ「5年で売上3倍」を実現した改革の全貌, ITの力で老舗旅館が再生!売上2倍を実現した、Salesforceの活用と働き方改革とは, 新しいデジタルシステムをむやみに導入せず、旧システムも見直しながら、徐々に新体制へと移行させている. ITは広く一般的に知られていますが、近年ではICTやIoTというITに関する言葉をよく見かけるようになりました。ビジネスにおいて重要度が高まっている ICT、IoTやITの定義や特徴を紹介します。 社内システム担当者はITと合わせてそれぞれの基本を押さえておきましょう。, ITとは、「Information Technology」の略で、PCやインターネット、通信インフラなどを用いた「情報技術」のことです。, 主に、コンピュータのハード・ソフトウェアから、システムの構築や情報通信関連のインフラ・技術などがITに含まれます。また、仕事のデジタル化やOA(Office Automation)など、PCや情報機器、インターネットなどを利用した業務効効率化を実現する技術を指すこともあります。メディアリンクが提供する「Media Calls」「Media Voice」「Media Office」も、業務の効率化を実現する「IT」の一種です。, IT技術の発展により、産業構造だけではなく個人のライフスタイルなど、社会全体に大きな変化が生じたことを「IT革命」と呼びます。1990年代後半からPCやインターネットの普及が加速し、より複雑で高度な作業だけではなく、大量の情報交換も容易になりました。さらに2000年以降、ブロードバンドや携帯電話が浸透したことで、誰でも手軽にインタラクティブ(双方向)な情報通信を行えるようになりました。, 弊社が提供するITソリューションでは、コールセンターにおける働き方改革の実現や、Webサイトのパフォーマンス改善などといった形で、あらゆる企業様のビジネス変革をサポートします! ITを活用した新しいビジネスの在り方をご検討されている方は、是非以下の記事もご確認ください。, ICTとは、「Information and Communication Technology」の略称で、「情報伝達技術」と訳されます。ITとほぼ同義ですが、ICTでは情報・知識の共有に焦点を当てており、「人と人」「人とモノ」の情報伝達といった「コミュニケーション」がより強調されています。, ITとICTは明確に区別されているわけではありませんが、ITはコンピュータ関連の技術、ICTはコンピュータ技術の活用方法を指す言葉として使い分けることもあります。前者は主にベンチャー企業が提供するサービスに用いられるのに対し、後者は省庁が関係しているプロジェクトなどで用いられるケースが多いようです。, 従来より日本では「IT」がよく使われていますが、国際的には「ICT」を用いるのが一般的です。また、近年の日本でも省庁を中心にICTが用いられるようになりました。総務省では、世界最先端のIT国家を目指すための「e-Japan戦略」を2001年に策定していましたが、2004年に「u-Japan構想」へ変更しました。それに伴い、情報技術分野における指針「IT政策大綱」を「ICT政策大綱」に改称するなど、ITからICTへと呼び方を変える動きも見られています。, IoTとは「Internet of Things」の略称で、「モノのインターネット」と訳されます。IoTは、PCやスマートフォンなどの従来型の通信機器を除いた、ありとあらゆる「モノ」がインターネットとつながる仕組みや技術のことを指します。, IoTという言葉を初めて使ったのは、無線IDタグやセンサーを研究したケビン・アシュトン氏だといわれています。無線IDタグは、内蔵されたICチップに記憶された情報を、無線通信によってデータの読み込み・登録・削除・更新などを行う自動認識システムのことです。, IoTの最大の特徴は、M2M(Machine to Machine)で膨大なデータを蓄積できることです。インターネットに接続されたモノがデータを収集・分析してその結果を私たちに提供してくれます。 近年ではスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスを筆頭に、建物、電化製品、自動車、医療など、さまざまな分野でIoTは活用されており、今後もインターネットにつながるモノは爆発的に増加していくと考えられています。, 医療分野では、ウェアラブルデバイスを用いた健康状態の記録・管理、医師への共有を目的としてIoTが活用されています。リアルタイムで健康状態を把握できるので、重病化の予防や早期対処が期待できます。 ウェアラブルデバイス以外にも、血糖値や血圧などを測定できるツールもあります。, カーナビとスマートフォンの連携によるナビゲーションや音楽再生機能は広く知られていますが、自動車そのものにインターネット通信機能が備えられたコネクテッドカーも登場しています。さらに、自動運転システムの開発など、自動車分野におけるIoTも目まぐるしく発展しています。, スマホやタブレットで遠隔操作できるIoT家電もあります。専用のアプリをインストールすることで、離れた場所でも操作することができます。留守中のペットや子どもの様子をスマホやタブレットで確認できるネットワークカメラや、スマホをかざすだけで施錠・開錠できるデバイス、セキュリティデバイスなど、より便利に、より安全に、より安心して生活するためのデバイスとしてIoTが活用されています。, 情報技術の発展は、ビジネスだけではなく私たちの生活の形も大きく変えてきました。それは今後ますます加速していくでしょう。 情報通信技術に関する知識を蓄えることで、目まぐるしく変化していく情報社会の中でもよりよい社内システムを選ぶことができるのではないでしょうか。, IT活用は、効率化やコスト削減だけでなく、積極的な運用により収益拡大にもつながります。この記事では、売上・利益の拡大に役立つIT導入例そのポイントを、5つ紹介します。, スマートフォンやタブレットなどの普及に伴い、スマートデバイスの企業での導入が進み、業務目的で活用される例が増えています。ここではスマートデバイスの具体的な活用事例や導入のメリットを紹介します。.

Consequences Of Using Bad Netiquette, Greyhound Spaniel Mix, Marlin 1895 Sights, Carlos Brito House Greenwich Ct, Peach Color Code, Ambassador Sugiyama Wife,

Deja un Comentario